メガリスと向精神薬の併用可能だが不整脈の方は注意

勃起不全はED(Erectile Dysfunction)とも呼ばれ、勃起に至らないだけではなく、勃起の維持が難しかったり、性行為できるほどの硬さや長さが得られない状態なども含みます。EDは加齢や病気で動脈硬化が起こり、陰茎を勃起させる十分な血流が得られない事で生じるほか、緊張やプレッシャーなど精神的な原因で発症する場合も珍しくありません。
心因性のEDの場合、ED治療薬と共に心を落ち着かせる向精神薬の処方を行うクリニックも存在します。勃起に対する緊張をほぐし、同時にED治療薬で体を勃起しやすい状態にできるため、体と精神の両面からの効果が期待できます。

ED治療薬には日本で正式な販売許可を得たバイアグラ・シアリス・レビトラの三種類がありますが、処方に健康保険が適用されないため、治療費が高額になりがちです。そこで活用したいのがこれら三種のED治療薬のジェネリック医薬品で、有効成分は同じながら先発薬の10分の1以下の価格で購入できます。
メガリスはED治療薬シアリスのジェネリック医薬品で、シアリスと同様の効果が期待できます。ですが、病院では処方できない薬のため、入手する場合は個人輸入で購入する必要があります。日本では販売が許可されていない薬ですが入手は違法ではなく、個人使用目的ならば海外からの輸入が認められていますので安心して下さい。

ED治療薬の注意点として、副作用の存在があります。ED治療薬で重大な副作用が発生したケースは、持病があったり併用してはいけない薬と同時に服用した高齢者がほとんどです。しかし、肥満や低血圧、不整脈などの症状がある人は医師に治療薬を使っても平気か相談を行ってからの服用をおすすめします。