勃起不全の高額な薬とメガリスの痛み

勃起不全は男性の性機能障害の一つであり、中高齢者から若年層まで幅広い世代の男性が悩んでいます。
全く勃起ができない状態や、勃起はしてもその状態を維持できないことであり、満足に性交渉を行うことができません。
勃起はしても性交渉の途中で十分な状態を維持できないことを中折れと言うのですが、これもED症状の一つと考えられています。
EDの罹患率は40代以上になると高くなる傾向にあります。
しかし、20代~30代の若い男性でも悩んでいる人はいるということです。
EDは人に打ち明けにくい悩みであるため、受診や治療を受けにくいと考えている人もたくさんいました。
しかし、近年では社会的に広く認知されるようになり、きちんとした治療によって治すことができる症状であるため、希望を持って治療を受ける人も増えてきています。
ED治療薬というと高額なものだというイメージを持っている人もいるかもしれません。
少しでも安くED治療をしたいという場合、メガリスなどのジェネリック医薬品を利用してみると良いでしょう。
メガリスとは勃起不全を治療するための薬であり、勃起を防ぐ酵素であるPDE5の働きを阻害するという作用を持っています。
そのためPDE5阻害薬と呼ばれることもあるのですが、服用後36時間まで勃起改善機能効果があるとされています。
飲むタイミングについて気にする必要はありませんし、食事の影響も受けないということです。
メガリスを服用した後にめまいや吐き気、胸の痛みなどの症状が出た場合、すぐに医師による診察を受けるようにしましょう。
また、目への血流が減ることで一時的に視野がかすんだり、物の色が異常に見えたりする場合があるため、車の運転は避けた方が無難です。