飲酒しても勃起不全を改善するメガリスは中国人に人気

ED治療薬で有名なバイアグラの製造元会社が中国で宣伝したことから、中国人で大人気の医薬品になっています。他のED治療薬の躍進そしてジェネリック薬品の台頭によりバイアグラの販売量が全世界で落ちている中、中国人が販売を支えていることがわかります。また日本で購入できる医薬品を中国人が買い占めるということも話題になっており、ED治療薬も例外ではないことがわかります。

ED治療薬はバイアグラだけではなく、その他の医薬品もあり、またジェネリック薬品もあります。日本では特許の問題でバイアグラ以外のED治療薬のジェネリック薬品を処方して貰うことはできませんが、海外の医薬品とインターネット上で取り扱っている個人輸入代行業者であれば購入することが可能です。メガリスもジェネリック薬品のひとつであり、人気が高い医薬品になります。

通常医薬品というのは、飲酒をしたあと服用が禁忌されているものですが、ED治療薬の場合は例外になります。多少の飲酒をしても、服用することができ、メガリスも例外ではありません。メガリスの特徴として効果の持続時間が30時間を超えることから、ウィークエンドピルの愛称も得ており人気を集めています。またED治療薬はなるべく空腹時に服用するのが、効果を最大限に出しやすいのですが、このメガリスは飲酒も食事もできる医薬品です。よってデートのあとに性行為をするといった使い方が出来るED治療薬になるでしょう。

勃起不全は血液の循環が鍵を握ります。多少の飲酒であれば、気持ちが開放することから勃起しやすい環境を作ることが可能です。しかし飲みすぎてしまうと、血液の循環が良くなり過ぎ、かえって効果が強く出てしまうこともありますので、注意してください。